アトリエの時間『atelier Rustic』

2匹の犬と手作り雑貨のある暮らし
Posted by アトリエ ラスティック   4 comments   0 trackback

初代アトリエ

「8年間ありがとう、お世話になりました・・・」とプレハブ小屋に声をかけた。

木工を始めて何年経つだろう、実家の裏庭で卓球台を作業台にして物つくりを始めた。

雨あがりのぬかるみで、泥で靴がぐちゃぐちゃになりながらも、作るのが楽しかったけれど、

さすがに冬の屋外での凍える作業は苦痛をともなった。


友達の口利きで、ドラッグストアの倉庫のプレハブを作業場に借りることができ、はじめてのアトリエになった。

電気を引き、作業台を据え置き、重い切断機も設置、材木もストックできて・・・。

作業は、おもしろいように捗り、夢のようだった。

ただ水道はなかった。

家から往復30分、組み立てたものを車に積み、帰って家で塗装する。

それが8年間続いた。

BLOG5282.jpg

たまの週末、主人が作業に混ざる時は、所狭しと並んだ材料、道具、作業台、二人でぶつかりあう程だった6畳。

全部運び出したら、ガラーンと広くなっちゃった。

大家さんに鍵を返して、振り返って見たら、小屋がさびしそうだった。

ありがとうね・・・。楽しく便利に使わせてもらったよ。


BLOG5283.jpg


午後から、明日のイベントに持っていくマントルピースの仕上げをした。

数年前、ハマッて何度か作ったことがあるけれど、イベントでは売れたためしがない。

今回も売れ残るであろう、この作品。

それでもいい、持って帰って飾りたい場所があるので、アトリエに・・・。

BLOG5281.jpg
スポンサーサイト
Posted by アトリエ ラスティック   0 comments   0 trackback

うれしい洗面所

毎日作業はしているものの、カメラを忘れたり、撮るの忘れたり。

カメラの習慣がまだ身につかない。

ようやく形になった洗面所。

狭く壁で仕切られ、暗くて古かったスペースが嘘みたいに好きな空間になった。


廃棄しようと思っていたユニットバスの鏡を自分でリメイク。

捨てるのは簡単だけど、もう一度生まれ変わらせて。

アンティークのステキな鏡にも、もちろん憧れるけど、今はまだこの方が自分ぽいな。

BLOG5264.jpg


今週開催されるイベントに29日出店するため、作品つくりをしています。


カントリー★はんどめいど市場in東松山 2013・spring

日時・・・2013.3.28(木)~29(金) 11:00~14:30
会場・・・東松山市民文化センター 1階 大会議室 (東松山市六軒町5-2)

29日(金)は、先着50名様に、お花の苗とお買いものチケットのプレゼントがあるそうです。


BLOG5265.jpg

まだどれも完成形になっておらず、製作途中。焦る・・・・。


BLOG5266.jpg




Posted by アトリエ ラスティック   0 comments   0 trackback

ワーカホリック〔仕事中毒〕

ワーカホリック・・まさしく一昨日の私かもしれない。

朝から夫と二人壁塗り作業。

夫がミキサーでこねる、私が塗る。

昔からペンキでも塗るのは好きだけど、マスキングで養生するのが嫌い。面倒くさいから・・。

だから、わたしが塗るのを先回りして、夫がマスキング。

BLOG5169.jpg

だんだんとコツもつかみ、なれてきて、早くなる。

調子に乗って、職人さん気取りで脚立のてっぺんで鼻歌まじり。

そんな時はすごい勢いで仕事するので、おにぎり2個を飲み込むようにたいらげて、休まずすぐに壁塗り。

「ちゃんと休まないとダメだよ、疲れちゃうよ」と夫。

耳をかさない私。

BLOG5168.jpg

ほとんどマラソンランナーのランニングハイ状態、どこまでも塗りつづけられる気がする。

私の「塗料おかわりー!」の声に

「だめだめ、もう終わり、一日でこんなに塗ったら体が痛くなっちゃうよ」

とミキサーを洗おうとする夫。

それなら自分でこねる、とばかりにミキサーを奪い取る。

根負けして夫がこねる、私が塗る・・・。

ほとんど制御不能のぼっこれロボット。

BLOG5171.jpg

最後の一面を塗って夕方5時過ぎ、

ぼっこれロボットの電池が切れた・・・。

「オナカスイタ、モウダメダ・・」脚立を降りる力も出ない。

倒れこむように車に乗り、家路につく。


ご飯を食べたら、再起動開始!



Posted by アトリエ ラスティック   2 comments   0 trackback

床の塗装

いつもは二人の作業だけれど、今日は助っ人が来てくれた。

DIYとはほとんど無縁の姉が、やる気マンマン、作業着で駆けつけてくれて、床の塗装を手伝ってくれた。

作業能率もグーンとアップ!あっという間に床にワトコオイルを塗ることができた。

最初は不慣れな手つきだった姉、塗り終わる頃にはすっかり職人さんみたいな手つきに。

BLOG5153.jpg

床は杉板、ちょっと赤みの多い木肌と白い木肌のコントラストが強かったので、ミディアムウオルナットのオイルで塗って落ち着かせた。

BLOG5154.jpg

思いのほか塗装が楽しかったのか、もっと塗りたいと姉が張り切ってくれたので・・・。

それじゃせっかくだから、と壁塗りに着手。

BLOG5155.jpg

へんてこな薄い色のチェック模様のクロス張りだったのを、塗り壁に。

おかげで梁との相性も良くなって、バンザーイ!

三人だとすごく仕事がラク。

一人が粉に水を混ぜ、塗り壁材をひたすらこねて作る。

一人が脚立に乗り上部を塗る。

一人が真ん中から下を塗る。

すばらしいチームワーク!



まだまだ、塗らなきゃならない壁がいっぱいあるので、またお手伝いお待ちしてマース。

でも明日はきっと筋肉痛だろうな・・・。



BLOG5156.jpg
Posted by アトリエ ラスティック   0 comments   0 trackback

床張り第2弾

少し余計に購入した床板。目的の部屋は張り終わった。

まさかとは思ったものの、なんだかもう一部屋分ありそう・・・・。


せっかくなので10時頃から6畳間を張りはじめる。

単純な作りの部屋なので、簡単に張れて、しかもまだ床材あまってる・・・・。


せっかくなので廊下も張れるかな?ぎりぎり足りるか、足りないか、間違いは許されないほどの材料。

BLOG5134.jpg

厄介な切欠きがあったものの、なんとかジャスト余り無し!の状態で張り終えた。

ちょうどお昼のサイレンが鳴る。

「2時間で張り終えたね」

オリンピックレコードの記録更新ではないけれど、二人で達成感を味わう。

そろそろ大工さんに借りてたタッカーとコンプレッサーの秘密兵器、返さなきゃね。


助っ人が一人いなくなる感じ。


BLOG5135.jpg
Posted by アトリエ ラスティック   2 comments   0 trackback

床張り

今日は10時から床張りをはじめる。

大工さんから借りたエアータッカー。

コンプレッサーにつなぎ、デュンデュンとすごい音をたてて自動で釘が送り込まれチカラをあまりいれずに、

釘打ちできる、スグレモノ。

今まで床張りは何度もやってきたけれど、今回はこの道具のおかげで最短で張れました。

BLOG5119.jpg

私が板を切りだし、夫がタッカーで打ち付ける。

この間ほとんど会話なし。

長年連れ添った職人夫婦みたいに あうん の呼吸みたいなものに近いのか・・。

たまに言葉を交わすときは、

「それ、あれだよね」

「うん、それだね」

くらいなもの。

BLOG5120.jpg

夕方6時を過ぎた頃ほぼ床張り終了。

いつもは、釘打ちで手にチカラが入らないほど疲労してるはずが、それがない。

欲しいな、エアタッカーとコンプレッサー!

BLOG5118.jpg

帰宅したらパン君が座布団や毛布の上で気持ちよさそうにしていて。

大喜利で活躍して、山田君に座布団もらったのかな。

BLOG5121.jpg
Posted by アトリエ ラスティック   0 comments   0 trackback

キッチンのプチリフォーム

以前にも載せたミドリのキッチン。

BLOG4921_20130307223219.jpg

ミドリを取っ払って、考えて。

BLOG4923_20130307223220.jpg

ステンレスが嫌なので、キッチンボードでカバーする。

このボードちょっと見はただの合板ベニヤみたいだけど、

薄いコンクリート板で出来ていて、結構重くて、運び方を間違うと割ってしまう様なシロモノ。

蛇口やコンセント、慎重に切欠かなければならない作業があったのだけれど。

今日は夫が一人で施工して、お昼過ぎアトリエに合流した私を驚かせました。


すごい働きぶりに感動!

BLOG5111.jpg

あとは先日作ったドアをペンキで塗って、丁番で吊って。

お陰でサッパリとした白いキッチンになりました。

エイジングしてもいいけれど、しばらく白の清潔キッチンのままもいいかな。


天吊りの棚は圧迫感があるから付けないつもりだったけれど。

古い棚を外したら、思いのほか天井と壁の補修が必要になってしまうので、あきらめて、新たに棚を作りなおす。


まだ換気扇カバーをどうカバーするかなど、考える事はあるけれど、とりあえずプチリフォーム成功・・・かな?

BLOG5110.jpg
Posted by アトリエ ラスティック   2 comments   0 trackback

秘密の仕事

朝8時前、久々ゴルフに行く夫を送り出す。

「今日は私も家でゆっくりするね」と。   ・・・嘘をつく。


夫がサラリーマンだった頃は帰宅時間が遅かったので、驚かせようとあれこれ突貫工事のリフォームを楽しんだ。

「一日でこんなにやったの?」とびっくりさせるのが楽しくて。


ほとんど一緒に過ごす今、内緒ができなくなった。


だから今日は驚かせようと。

朝一番でフェンスを塗り始め、ペンキが乾くのを待ちながらステンドグラスを作る。

BLOG5079.jpg

お昼に慌てて、アトリエに向かい古いフェンスを撤去。


ピラニア鋸で柱を切り倒し。

BLOG5086.jpg

今朝塗ったフェンスをこんな感じに施工。

この間も「急がなきゃ、急がなきゃ」とつぶやきながら。

BLOG5083.jpg

古い窓ガラス、ところどころ割れてなくなっているガラス部分、普通にガラスをいれるのもいいけれど。


BLOG5082.jpg

今朝急いで作ったステンドグラスをはめこむ。

暗い場所だから、あえていつも作るものより派手目にしてみたら、ちょっと楽しい窓になった感じ。

BLOG5081.jpg




そして難題のキッチンにとりかかる。

とにかく解体してみると、かなり簡単な構造なのに驚く。

新しいキッチンに取り替えようとも考えたけど、土台はこのまま使用してドアなどの面材を

作り変えれば、なんとかなるかも。

BLOG5084.jpg

ようやくドアを作っているところに、夫の車が窓から見えて。

「仕事してたの?」と階段を上がってくる。

どんな顔で驚くのかな・・・と楽しみにしてたら、何も驚かずゴルフの成績の話をしだす。

驚かない夫に、こっちが驚く。

BLOG5085.jpg

こんなに仕事したのに・・と説明しながら私のヘソが曲がる。

180度曲がったヘソは、なかなか元に戻らないかも・・・ね。