アトリエの時間『atelier Rustic』

2匹の犬と手作り雑貨のある暮らし
Posted by アトリエ ラスティック   2 comments   0 trackback

やさしさに感謝

三日間痛みに苦しんでる、今日で四日目。

自宅の階段を踏み外し、ダダダダーン。

尾てい骨と、坐骨を強打。

その瞬間、目をつぶってもまぶしくて、これを「目から星が出る」っていうのか・・・。

うつぶせに倒れたまま20分くらい、声も出せないほど痛い。泣こうかと思った。



そんな動けない私に女神様が!

お隣のお友達が「ご飯つくれないでしょ、おかず持っていくからね」と。

夕方、美味しいナスとレンコンのはさみ揚げ〔食べ始めてから写真をパチリ〕

ピーマンの肉詰め、サラダ、かぼちゃのスープまで。


食欲が出る美味しいおかず!夫も嬉しそうに箸を握る。

痛くて椅子に座れないので、お行儀わるいけど直立したまま、いただきました。


いつもお世話になるばかりで、私もいつかはこの、やさしさに恩返ししたいな・・。

と、しみじみ思う、この怪我のおかげで。


BLOG5484.jpg






うちのワンコのチョコ。

カメラを向ける度、いつも違う表情をするのがおもしろい。

ボーッとしながらベロを出す、眠いのかな?心ここにあらず・・・って顔。


BLOG5483.jpg
スポンサーサイト
Posted by アトリエ ラスティック   4 comments   0 trackback

物置小屋

友達から物置のリメイクを頼まれた。

ずいぶんと昔の物置ということだけど、ドアはスチールの枠に

珍しいことに、パネルは木製。

これはなんとかなるぞ、と直感。

とりあえずドアを預かり持ち帰った。



DSC01386_20130522224606.jpg

どんな風に改造するつもり?

と心配そうな夫に「大丈夫!カッコイイ、パリの出店みたいなイメージ。」などと。

パリなんて行ったことも無いし、そもそも出店なんかあるのか?

と自分でも笑ってしまう、勝手なイメージ。


でもとにかく、物置の雰囲気を払拭したかった。


ドアは下部の傷んでいるところを切り落とし、組みなおし。

上部はガラスを組み込んで、色もダークな紺に塗り替えて。

うん、いい感じ。

BLOG5421.jpg



 
本体も塗り替えて、ドアをつけて。

さてさて、「コーヒースタンド、オープンしまーす!」

って感じになったかな。


本当は夜、小屋の中に灯りをともして、それを

外から見てみたい・・・。どんな雰囲気になるかな・・・。


beforeの写真を撮るの忘れちゃったのが残念。

BLOG5422.jpg
Posted by アトリエ ラスティック   0 comments   0 trackback

ガラス窓

不透明なガラス。


通りに面してる窓じゃないから、景色が見たいな。


クリアなガラスに変えよう。


夫がサッシ枠をはずして、私がガラスを切り

夫がまた枠を組む。

外が見れるようになると思うとワクワクする。


DSC01387.jpg




だって、こんな森の景色があるのに見なきゃもったいないでしょう。

いつ見るの?

今でしょう! なんてね・・・・


DSC01391.jpg


アトリエの前には沼があり、沼といっても美しいものじゃないけど。

人によっては、蚊が涌きそうだね、と怪訝な顔をするほどの沼。



でも野生の黄色い水仙?菖蒲?どちらかわからないけど、

キレイに咲いていて、私としては、なんだかうれしい。


BLOG5412.jpg

池の端には大きな桑の木が生えていて、びっくりするくらい

たわわに実をつけている。


BLOG5413.jpg

何十年ぶりか、桑の実を摘んで食べてみた。

こんな味だったっけ、忘れてた。

甘くて、思ったよりおいしい。


ランドセルを背負って、寄り道しながらの下校途中、

友達と一緒にとこの実を食べて、紫色になった舌を見せ合って

笑ったことを思い出した。


BLOG5414.jpg
Posted by アトリエ ラスティック   2 comments   0 trackback

庭のチビ小屋

小さい灯りをともして夜の庭小屋。

わずか2畳足らずの小屋で、キットを組み立て作ったもの。

もう10年以上経つかな。

夏は暑くてダメだけど、冬も寒くてダメだけど。

春秋限定で、おチビなコテージ気分。

BLOG5394.jpg

物置兼用のちいさなスペースだけど、花に水遣りした後お茶飲んだり、夜ボーッとしたり。

昨日はお昼ごはんも運んでここで・・・。


大きな庭でガーデンハウスも素敵だけれど、小さな庭のチビ小屋で私は充分満足です。

BLOG5395.jpg
Posted by アトリエ ラスティック   2 comments   0 trackback

小人の住む庭


狭いけれど、緑に囲まれて我が家の庭も気持ち良い季節です。


BLOG5383.jpg



あれ?
あらら?

BLOG5382.jpg


ムム?
もっと近寄って・・・。

BLOG5381.jpg




いつの間にやら小人さんがcafeをオープンしていたみたい。

ガーデニング好きのオーナーかな、鉢植えが沢山あるぞ。


今日は急いでるから、覗かないけど、今度はコーヒー飲みに来ようっと。エヘヘ。

BLOG5380.jpg
Posted by アトリエ ラスティック   0 comments   0 trackback

裏庭のパーゴラ

ずっと鉢植えで育てていたモッコウバラ。

手入れが悪いから、可哀想なくらい花つきが悪かった。

主庭にスペースが無いから、裏庭で悪いけれど地植えにしてみよう、と今年で2年目。

ようやく少しはモッコウバラらしくなってきたかな?

裏庭がちょっと賑わってきました。


BLOG5345.jpg





アトリエの床張り。

自分の好みではないピータイルが張ってある床。

我慢しようかと思っていたけれど、やっぱり視界に入るとウルサイ感じ。

友人にやすりかけをお手伝いしてもらった板に、塗装して、コンクリートに釘打ち。

並べてみると、まだまだ板も塗料も全然足りない。

材料また買って来ないとなあ・・・。


毎日毎日ホームセンター通い詰め。

皆勤賞欲しいくらい〔笑〕。

BLOG5344.jpg
Posted by アトリエ ラスティック   2 comments   0 trackback

日当たりの悪い庭

今日は自宅の庭の壁を作り直した。


以前も棚を兼用した板壁だったけれど、今回は奥行きを浅くしてみたり、

なるべく暗くならないように、ガラスを使用してみたり。



取り壊す前に写真を撮るのを忘れてしまい、比較ができないけれど、

三方向隣家に囲まれ、日当たりの悪い我が家の庭が明るくなった.〔気がする・・・〕

BLOG5321.jpg



自作の窓枠を組み入れ、解体した以前の塀の板材にやすりをかけ直し、背板に再利用。

解体した部材は、かなり朽ちていたので、最初は全部新しい材料で作るつもりだった私だけれど、

夫が丁寧にやすりをかけてくれたので、逆に古びていて良い味だしてるかも。

BLOG5322.jpg




ちょうど前のお宅の窓の高さにガラスをつけたので、きっと夜そこに電気が灯ると

このガラス越しにいい感じの灯りが差し込むかも・・・ね。



BLOG5323.jpg